質店ブログ>バッグ>この世で一番偉いのは、バーキンを売るエルメスの店員?

日本に留まらず、世界中の女性たちを魅了する高級ブランド・エルメス。

そんなエルメスの代名詞といえる存在であるバーキンやケリーの価値が、ここ数年、局地的バブルかのように高騰し続けている。

数年待ちが当たり前とか、150万のバーキンが250万で売れるとか、裏口の入手リストがあるとか。都市伝説のようにまことしやかに囁かれる噂...

なぜ女性たちは、バーキンに惹かれるのか?

現代の女性たちの間で、バーキンを持つ意味について、東京カレンダーでは、4人の女性たちに話を聞いた。

そこからは、もはやファッションアイテムを超えた驚くべき世界と価値観が見えてきた...

バーキンを売るエルメスの店員

外資系コンサルティングファーム勤務・ユリアさん

「ファーストバーキンを手にいれたのは、25歳の時です。」

そう言って口に手を当てて笑う、ユリアさん。

顔立ちは、おっとりとした雰囲気の癒し系。薬指には、ハリー・ウィンストンを象徴するHとWのプラチナ台座に、センターストーンは推定0.9カラットのダイヤ。

眩みそうな目をこらして、ユリアさんの輪郭を捉えると、君島十和子さんを彷彿とさせるコンサバティブな巻き髪に、キャサリン王妃もご愛用のイギリスブランド「アマンダ ウェイクリー」のワンピース(ちなみに、こちらは日本未発売)を身に纏っている。

小柄で可憐な彼女が話す、バーキンへの強い想いに私たちは驚いた。

「どうしても欲しかったのに、なかなか手に入れられなくて。悔しい思いを何度もしました。一方、ほいほいと手に入れている女性もいる。そんな身分の女性が羨ましかったんです。」

バーキンの定価は不明だが、巷では「150万円説」が根強い。

たしかに、バッグひとつに法外な金額であるような気もするが、外資系コンサルタントとして大金を稼ぐ彼女には潤沢な経済力もあるだろう。そこまで欲しかったら、難しい話でもない気がする。

しかし、話を聞いていくうちに、バーキンを求めることは即ち、世の中に蔓延る複雑な序列関係に直面することでもあるようだ。

ユリアさんの、おっとりした雰囲気に似合わないような、バーキンへの並々ならない執着と愛情、そして、ファーストバーキンを手に入れるまでの壮絶(?)な過程をぽつりぽつりと語ってくれた。

この世で一番偉いのは、エルメスの店員かもしれない...

無知な編集部員が「予約数ヶ月待ちと聞きましたが、それは事実ですか?」と問うと、ユリアさんは、驚いたように笑った。

「そもそも、現在予約は受け付けていません。つまり、受動的に待つ人は一生手に入れられないんですよ。」

ユリアさんいわく、現在世界中で、バーキンの予約リストというものは基本的に存在しないという。では、どう入手したのか。

「いくつかの店舗に毎日電話しました。「バーキンは入荷していますか?」って。すると、ある傾向が見えてきたんです。ある店舗では、「入ってきましたが、もう売れました。」ある店舗では、「お昼過ぎにならないと入荷しません」つまり、午前中に入荷する店舗と、午後に入荷する店舗があるということなんです。」

毎日電話...!という執拗な執念から、見えてきた傾向があるようだ。

「午前中に入荷するという店舗に朝並ぶと、同じようなバーキンを求める女性がすでに並んでいるんです。皆、情報が早いですよね。もちろん、並んだからと言って、手に入るわけがないんですが、私のバーキン獲得のためのファーストアクションは、入荷時間を調べて、開店と同時に並ぶ、という正面突破のものでした。」

しかし、数多の女性が同じ方法で、ラブ・コールを送る。ドアマンがエントランスを開けた瞬間に、見るからにセレブな妻たちが、店員に詰め寄るそうだ。「バーキンありますか?」って。お金なら払うから、売りなさいって顔して。

バーキンを売るエルメスの店員

エルメスの店員は、「申し訳ございません。品薄で現在入荷は未定になっております。」と表面上は低姿勢に対応してそうだが、彼女にとっては、それが慇懃無礼にも見えたという。

「当時は、エルメスの店員がこの世で一番偉いんじゃないかって思いましたよ。どれだけ媚びれば売ってくれるんだって(笑)「生かす」も「殺す」も店員次第、生殺与奪を決める意地悪な神様に手のひらで弄ばれてるようで、本当悔しい思いをしました。でも何度か通ううちに、ある光景を目の当たりにしました。」

隠されたバーキン...開かずの扉を開ける鍵を持つのは店員だけ。

「常連と思しき女性が、店員に招かれて奥の個室に移動していました。小さい声で店員が「30サイズならあります。」と囁いているのも聞こえてきました。

その時はっきりとわかりました。見えないだけで、私たちの前には出されないだけで、この店のどこかにバーキンはあるのです。あの時の悔しさといったら...その時に私は、絶対に“そっち側”に立ってやるって思ったんです。

しばらくして、正面突破じゃ、絶対に入手できないことがだんだん実感としてわかってきて。裏口へと作戦を切り替えたんです。」

pそう言って笑うユリアさんが次にとった行動はこうだ。

多額の金を落とす上客にしか売らないという噂を聞いたユリアさんはエルメスにお金を落とし、顧客リストの上位に食い込むことにした。各店舗には表側には見えないが、必ずバーキンがあると踏んだユリアさんは、「同じ店舗、同じ店員から買う」ことを心がけたという。

「私たちには見えないだけで、店舗には、隠されたバーキンがあるんです。だったら、その開かずの扉を開ける鍵を持った門番と仲良くなるしかない」

そう決めたユリアさんは、1年間、とにかくことあるごとに特定店舗のエルメスに通い、いつも何かしら買い求めたという。

外資系コンサルタントという職業柄、経済力はある彼女がエルメスに落とした合計金額は、200万円を優に超え、オレンジボックスは家のクローゼットをどんどん占拠していった。 買うものはエルメスならなんでもいい。ルールは一つ。決まって同じ店舗、同じ店員から買うことだけ。

1年間通い詰めた頃、馴染みの店員がこうささやいたという。

「ユリアさん、欲しいお品物はありますか?」

開けゴマ...!ついに開いたバーキンへの扉

「無理かもしれないと思いながら、正直に、バーキンが欲しい、と言いました。すると、その店員は、ちょっとお待ちくださいね。と言って奥へ下がっていきました。しばらくして戻ってきて、◯◯色ならありますよ。って。」

苦節1年、落とした総額は200万以上...ようやく、バーキンへの扉を開けたユリアさんは、奥の部屋に招かれた。 店員から抱きかかえられたオレンジボックスは、まるで、待ちに待った我が子に対面するときのようだったという。

「手袋をはめた店員が、大きなオレンジボックスを抱きかかえるように持ってきました。私はまだ子供はいませんが、念願の子供を授かって、看護師さんから「あなたの赤ちゃんですよ」って初めて我が子を抱くときってこんな感じなのかなって。笑」

ファーストバーキンを手に入れてから6年。

一度ドアがあいてしまえば、あとは芋づる式だそうで、現在、ユリアさんのクローゼットには、おびただしい数のオレンジボックスと、合計5個ものバーキンとケリーが収められている。

バーキンを売るエルメスの店員

どうしても手に入れたかったバーキンをたくさん手に入れることができるようになったユリアさん。今の気持ちを聞いてみた。

「最初は一個は欲しい!って思っていたのに、どんどん欲が出てきて...バーキンには、素材によって値段も価格も雲泥の差です。この前すれ違った女性が持っていたクロコダイルのバーキンがすごく素敵で...きっと数百万すると思うんですけど、近いうちに絶対手に入れようと思ってます。」

ユリアさんの欲深さは、とどまる所を知らない。

URL: http://www.itostores.com/blog/bags/hermes-04.html